ウェスティンホテル東京

4.2 (322件のレビュー)

153-8580, 日本, 東京都, 目黒区, 三田1-4-1   •  天気:    •   現地時刻:     •  電話: (81) (3) 5423 7000   

4.2

ウェスティン ガーデン

都会の中の緑のオアシスとして2013年4月にオープンした「ウェスティン ガーデン」は、国際ガーデニングショーの最高峰である英国のチェルシーフラワーショーにて合計5つのゴールドメダルを獲得した景観アーティスト 石原和幸氏とのコラボレーションによる、渓谷をイメージしたガーデンです。どの角度から見ても美しい景観をお楽しみいただけるよう綿密にデザインされたガーデンは、365日四季折々の植物や鳥などの自然と触れ合う憩いの場所として、Rejuvenation(リジュベネーション=心身の活性化)を感じていただけます。

=""/
=""/
=""/

ウェスティン ガーデンの四季

春 ~陽だまりに包まれて感じる新たな季節の訪れ~

マーガレットやマリーゴールドで彩られた季節の花の小路、そして森のゾーンを抜けると最初に目に留まるのが、どこか懐かしい風景。「里山のくらし」は、石原氏が2012年の英国チェルシーフラワーショーにて金賞とベストガーデン賞の同時受賞という快挙を成し遂げた作品の一部を再現しています。さらにメインガーデンには、白加賀の梅や枝垂桜、そして金沢の兼六園より日本で5本だけ株分けされたうちの1本である「兼六園菊桜」が、あたたかくなってきた陽の光を浴びながら美しい花を咲かせ、春の訪れを告げます。

夏 ~水辺の生物やホタルで涼を感じて~

ビオトープをデザインに採り入れたウェスティン ガーデン。滝から流れ落ちた水が注がれる小川では小魚が元気に泳ぎ、水生植物と共生する、自然に近い生態系環境をご覧いただくことができます。池のほとりには、ルドベキア、ツルソバ、アスクレピアス、サルスベリなどが黄色や白、ピンクの可憐な花を咲かせます。初夏にはホタルの幻想的な舞もお楽しみいただけるのも、美しい自然環境の賜物と言えるでしょう。

秋 ~赤や黄色に色づく紅葉、そして足元にも小さい秋が~

秋といえば紅葉。モミジ、そしてカシワバアジサイの鮮やかで深い赤と澄み切った青空とのコントラストをお楽しみいただけます。足元に目を移すと、落ち葉や枝の間に可愛らしいどんぐり。小さな秋を見つけて思わず笑顔がこぼれることでしょう。また、紅葉の中、秋の山野草のオミナエシ、フジバカマ、ダンギクなどがガーデンにアクセントを加えています。夏の間ピンクの華やかな姿を見せていたサルスベリなどの落葉樹がこの季節には黄色や赤に姿を変え、再び私たちを楽しませてくれるのも魅力です。

冬 ~雪の中で春を待ちわびる可憐な花たち~

木々が葉を落とした冬のウェスティン ガーデンには、ツバキやサザンカが咲き、メジロたちが訪れます。ガーデンが静寂に包まれる雪の日には、一面の銀世界の中、雪上に残る鳥たちの足跡や、寒空の下で可憐に咲くガーデンシクラメンの鮮やかな赤がアクセントとなり、思わず心が温かくなることでしょう。やがて訪れる、梅や桜が咲く春を心待ちにし、ウェスティン ガーデンでは動物も植物も静かな時を過ごしています。

四季の「ウェスティン ガーデン」マップ(PDF) はこちらからダウンロードできます。

ウェスティン ガーデン基本情報

名称

ウェスティン ガーデン

場所

ホテル1階外庭(「ザ・ラウンジ」及び「ザ・バー」に隣接)

開園時間

9:00~日没まで(冬季 11:00~日没まで)

面積

479.97平米

ガーデンデザイナー プロフィール

石原 和幸(いしはら かずゆき)

株式会社石原和幸デザイン研究所代表、景観アーティスト 1958年長崎県生まれ。22歳で生け花の本流『池坊』に入門。以来、花と緑に魅了され路上販売から店舗、そして庭造りをスタート。その後、苔を使った庭で独自の世界観が国際ガーデニングショーの最高峰である「英国チェルシーフラワーショー」で高く評価され、邦人個人では史上初の金賞8 回受賞を達成。2010年、2011年にショーガーデン部門で銀メダルを受賞。2012年と2013年にはアーティザンガーデン部門で金メダルを受賞し、さらに部門内1位に贈られるベストガーデン賞と併せてのW受賞を2年連続で果たした。また日本の玄関口でもある羽田空港(第一ターミナルビル内)に受賞作品「花の楽園」を再現し、日本の風景の美しさをアピール。全国で庭と壁面緑化事業を展開し環境保護に貢献すべく活躍中。著書「世界一の庭師の仕事術」「緑のアイデア」(WAVE出版)DVD「石原和幸のChallenge of Green」